Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

先生!さっき言ったんですけど・・・

休みっていいですねぇ。jyugemです。

今日ラジオをかけていると『デーモン閣下』の声が・・・懐かしいですね。
中学生の頃、知識が豊富で話も面白いデーモン小暮のフアンでした。
夜中のオールナイトニッポンを聞くために、頑張って起きてました。
途中で寝てしまってましたが・・・

ちょっと中学時代の話を・・・
jyugemが中学生の時は80年代後半。世の中は『おニャン子』ブームで、
みんなブロマイドを生徒手帳に挟んで持ち歩くのが流行ってました。
そんな中、jyugemの手帳には・・・デーモン小暮のブロマイドが1枚。

ある日、抜き打ち持ち物検査がありました。
生徒手帳を先生に見せると・・・

先生  
「なんじゃこりゃー!!」
jyugem  「デーモン小暮です」 

先生    「白い顔して!人間か!?」
jyugem   「いや、悪魔ですけど・・・」 

先生   「あんなー。かわいいアイドルの写真を持ちたがるのは、 わからんでもないけど
   
なんやこれは!人間ちゃうで!!」
jyugem   「いや、人間って一言もゆーてませんけど・・・」

先生    
「大体、これは何や?」
jyugem   「だから悪魔です」

先生   「いくつや?」
jyugem    「10万26才・・・かな」

先生    「はぁ?化けもんや-!!」
jyugem   「(惜しい!)いや、だから化けもんじゃなくてですね・・・」

周りの友人も「化けモンじゃないで先生!」「悪魔!悪魔!」とフォローが・・・

今、考えるとちょっと悪いことしたかなぁ~と思います。

まぁ、素敵な中学時代の思い出です。