Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

関東圏VS関西圏 ~店員編~

最近シャンプーを「ASIENCE」から「TSUBAKI」に変えました。jyugemです。

前回、関東圏VS関西圏とゆーのをやりましたが、続けてもう一発。

    関東は関西に比べて、店員の愛想が悪い。

ファミレスの店員も笑顔も作らないし、マニュアル以外は話しません。
注文確認するとき「以上でよろしいでしょうか?」と聞いてきたので、
「完璧です」と答えたら・・・
無視しやがった!!
自分から聞いといて無視はないやろ~ 

関西圏なら笑って「ありがとうございます」ぐらいゆーてくるんですけどねぇ。

もう一つ。駅前のラーメン屋の話をしたいと思います。

ある日、会社の韓国人と2人で、その店に入りました。
そこの大きさは10m四方くらいの小さい店でした。

店員    「いらっしゃいませ~」
jyugem 「2人やけど・・・」
店員      「こちらの席へどうぞ。はい、ご注文は?」

jyugem  (ええ~、今来たとこやん。)
jyugem 「もうちょい、待って。」
店員      「じゃぁ、お決まりになったらお呼びください。お席でお伺いします。」

~ 2人ともメニューが決まる。 ~

jyugem  「すいませ~ん。坦々麺2つ。」
店員     
「お席でお伺いします!!!」(半ギレ)

jyugem   (店員まで3mの距離もないやんけ!!)

~ 店員が席までやってくる。 ~
店員    「はい、ご注文は?」
jyugem  「坦々麺2つ。」

店員    「辛さは?」
jyugem 「普通一つと激辛一つ。」
店員 
「激辛は普通の4倍辛いですよ!!普通にして下さい!
       
唐辛子は別でお持ちしますから。!激辛はお勧めしません!!」
       (マジギレ)
jyugem   (なんで怒んねん。そんなら、激辛なんて作るなや!)

店員    「じゃぁ、”当店一番人気” 坦々麺の辛さ普通を2個ね。」

jyugem 
(かってに”当店一番人気”ってつけて復唱すんなよ!)

・・・ったく、何なんだこの店は!

韓国人ですら、「あの店員おかしいよ。」とゆーてました。

でも・・・ラーメンは激ウマなんですよねぇ。悔しいけど・・・