Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

3つの予想

高校時代は合唱部でした。jyugemです。

今年のNHK全国合唱コンクール 高等学校の課題曲は、
ゴスペラーズが書き下ろしたそうです。

ゴスペラーズはjyugemの大好きなアーチストです。
彼らとの最初の出会いは無料ライブからでした。

1995年に一通のライブ招待チケットが家に届きました。
それはアーチスト合同無料ライブのチケットでした。

「ゴスペラーズって何のバンド?ロックかな?」
当時、ゴスペラーズを知らなかったので、てっきりバンドだろうと思ってました。

しかし、ライブ会場には5本のマイクが、「・・・もしかして、こいつらボーカルグループ!?」

そして5人が歌いだすと、うまい。めちゃめちゃうまい。
一瞬にしてファンになってしまいました。「絶対こいつら有名になるね
。(確信)」

そして、アルバムを購入し、ゴスペラーズの良さをわかってもらおうと、まわりの友人に
薦めた(無理やり聴かせた)のですが

友人 「誰コレ?外人?」
友人「こんなん、日本で売れるわけないやん!!」
と、チョー否定的

jyugem 「おまえら!ゴスペラーズが売れて、TUTAYAでゴスペラーズコーナーができた
          時にCD貸してくれって頼んでも、俺は貸さへんぞ!!」
友人一同  「そんな日は来ないね。わっはっはー」

その6年後、jyugemの予想通り『永遠に』『ひとり』でブレイクしたのでした。
(思ったより時間がかかりましたが・・・)


実はこの予想には先があって、
①ゴスペラーズの歌は日本の音楽の教科書に載る。
②ゴスペラーズは世界に進出する。
と、jyugemは本気で思ってます。

友人に言わせると
「予想通りブレイクしたのは認めるが、さすがにそれら(①と②)はないな。わっはっはー」
と笑いますが・・・

今回のニュースを聞くと、あながち『的ハズレ』な予想でもないんじゃないでしょうか。

【最近読んだ本】
  ・知っているようで知らない!日本神道