Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

オトナ

子供のとき「はやく大人になりたかった派」でした。jyugemです。

この週末、本屋で気になった1冊の本を買いました。
その名も『大人の太鼓判 これができれば一人前』

~jyugemにとってオトナとゆーと父親でした。~

お酒も飲めるし、何でもできる。仕事さえしておけば、学校に行かなくてもいいし、
宿題もない。そもそも先生に従う必要すらない。

お金を使って遊ぶことができるし、僕の食べもの、着るものを決定することができる。
(僕は大人の行動を決定することができないのに。)

なんでも知ってるし、困ったことは解決できる。たとえ相手が大人であっても。
大人って凄えなぁ!!

~と、子供の時は、こんな感じに思ってました。

今、自分自身が 『オトナなのか』 と考えると、オトナのような気がしません。
正直コドモが気がついたら33才になってたような感じです。
まぁ 『オトナ』 でも 『コドモ』 でも、どっちでもいいんですけどね。

この本にはそーいった感覚について、ポジティブに考えようとする本です。
中には 『大人認定試験』 がついてあり、76問100点満点で70点以上が大人として認定されます。

『18歳以上である。』 から始まり、『家計における貯蓄額を把握している。』 とか
『電車で席を譲れる。』 などの項目があります。

jyugemは85点だったので 『オトナ』 と認定されました。
ちなみに 『朝ひとりで起きられる。』 が×でした。(笑)

jyugem 33才 『大人』 です。

『うつくしくない大人』です。←(まだネに持ってる(笑))

【最近読んだ本】
  大人の太鼓判 これができれば一人前』