Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

ハイレベル

「なす」は寿司ネタとして認めません。jyugemです。

ドイツ人 「jyugem、今夜スシバーに行かないか?」

Helpで来ていたドイツ人が帰国する前夜、一緒にメシを食べることになりました。

日本といえば「寿司」+「ハイテク」=「回転寿司」。
まぁシステムも簡単ですから、漢字の読めない外国人には行きやすいのでしょう。
慣れたもので、先頭きって仕切ってます。

彼らが好きなのはサーモン。
オニオンサーモンやサーモンカルパッチョなど。あと卵焼き、うなぎも好評です。

でjyugemがウニを食べていると・・・

ドイツ人 「jyugem、それ何?」
jyugem 「あーコレ!?英語でなんてゆーかわからんけどハイレベルやで。」
ドイツ人 「ハイレベル?ハイレベルって何だよ!」
jyugem 「ハイレベルはハイレベルや!」

ドイツ人 「OK、わかったよ。試してみるよ。」
jyugem 「あっ、ソレ(納豆巻き)もハイレベルやから。」

とゆーわけで、納豆巻きとウニを注文しました。

まずは納豆巻きをひと口食べて・・・

ドイツ人 「あっ、これ発酵した大豆か!う~ん、もういいよ。」
といって、1巻きでリタイヤしました。

次にウニを食べました。

ドイツ人 「・・・」
真っ青になって固まりました。


ドイツ人 「くそっ、お前がドイツに来たら、
       ドイツのハイレベルを食わしてやるかなぁぁぁ!!」

と遠吠えてました。

フッ、スカッとさわやかな気分です。(笑)