Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

国際サミット

変換プラグ壊れました。jyugemです。

今回イタリアでは中国人、ドイツ人、コンゴ人(フランス在住)と仕事をしています。
もちろん会話は英語でおこなってます。

どんな会話かとゆーと、こんな感じです。

jyugem 「あっ、タオ今のファイルもう一度開いてくれる?」
タオ(仮名:中国人) 「これ?」
jyugem 「うわ~きれいやな~。これなに?」
タオ 「ん~と、ジェネレーションガールかな。」

jyugem 「はぁ?知らんなぁ~」
シュウ(仮名:中国人) 「中国人じゃないよ。韓国人だよ。」
jyugem 「あっ、もしかして・・・

  『少女時代』

タオ・シュウ 「あ~そうそう!!」
jyugem 「最近、日本でもテレビにでてるんだよね~。でタオの好みは誰?」

タオ 「俺、コレ!!」
シュウ 「俺はこっち!!」

jyugem 「あ~確かにきれいやわ。」

シュウ 「jyugemは?」
jyugem 「こっちかなぁ~、イヤこっちも綺麗やしなぁ~、イヤこっちもカワイイかなぁ~
      あかん、決めれへん!

サミー(仮名:コンゴ人) 「だれこの娘ら?」

シュウ 「タオの妹だよ。」
サミー 「え~マジで!!」

シュウ 「違う、違う!もし俺の妹だったら・・・
      あ~~俺もーどうしたらいいかわかんね~よ~!!」

マイケル(仮名:ドイツ人) 「おい、お前大丈夫か??」

シュウ 「で、サミーは誰なの?」

サミー 「おれはね~コレかな。こっちもいいなぁ。あっこっちもいい
      あ~決めれね~!!」

jyugem 「俺と同じリアクションやないかい!!」

と、まぁ内容は中坊レベルやったりします