Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

ノンキャリ VS キャリア (革命編)

高校・大学ともにチャリンコ通学でした。jyugemです。

前回の続き。 
東京大学大学院卒の新入社員A君との会話です。

jyugem 「じゃぁ、他の大学の子らと合コンとか行ったりするやろ。」
A君 「しますね~」

jyugem 「そしたら、『どこの大学?』みたいな話になるやん。」
A君 「なりますね~」

jyugem 「そのとき『東京大学 大学院』とかゆーたら・・・



    女の子ひくやろ!?」


A君  「ひ、引きます。。。」

jyugem 「どぅあーはっはっはっは!!」

まぁ別にそんなおもしろい話でもないですが、悔しがるから思いっきりバカ笑い。


jyugem 「俺、あんまり東京の大学知らんねんけど、じゃぁ『女うけする大学』ってドコなん?」

A君 「やっぱ慶応じゃないですかねー。」

jyugem 「あ~ 慶応ボーイとかゆーもんなぁ~。
        なんでじぶん慶応にせーへんかったん?」


A君 「・・・そう・・・思ったときも・・・ありました・・・」

全員 「・・・」


jyugem 「・・・ま、まぁ~でも東大ってやっぱスゴイよ。

    だって日本の学校教育とゆー名のもとにな、一応みんな試験レースに
    参加させられるわけやん。
       
    そこで最高峰まで上り詰めたってことはある意味トップアスリートやん。
    そーゆー人に対してみんなもっと敬意を払うべきやと思うわ。

    ごめん。俺あやまるわな。ホントごめんな。」

A君 「いや、そんな・・・ ホント普通なんで・・・」

jyugem 「よし!もーこの話おわり!気分切り替えてなんか別の話題にしよう!
     う~ん、そやな~ じゃぁ高校はどこやったん?」


A君 「灘高です。」

jyugem 「もうお前とは絶対にしゃべらねぇ。。。」

  頭で理解できても、ココロが受け入れられないことってあるよね。


【最近読んだ本】
 ・あなたを天才にするスマートノート

あなたを天才にするスマートノート
岡田 斗司夫
文藝春秋