Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

ぐろーばる。

ヒロ・ナカムラに似てるといわれます。jyugemです。

最近、グローバル化に対応するために社内公用語を英語にする会社もあるようです。

ただ会社で起こるようなことはグローバルであろうが、なかろうがおこるわけで・・・


先日イタリアから送られてきた図面のファイルが開けないことがありました。
jyugem 「このファイル開けられないけど?」
イタリア人 「それ3DのCADだよ。ソフトないの?エンジニアなら持ってて当然だろっ。」
jyugem 「わかったよ。じゃぁIT部門にインストールしてもらうよ。」

ところ変わって日本のIT部門。
jyugem 「とゆー訳なんですよ・・・」
日本人 「そーゆーのコッチではないんですよね~。
     データベースからグローバルITに申請して貰えますか?」
jyugem 「それって・・・」
日本人 「アメリカです。」


でデータベースでの申請後、グローバルITの担当者からメールがきました。
担当者(メール) 「ちょっと内容確認したいんだけど、連絡先と都合のいい時間を教えてくれない?」
jyugem(メール) 「明日の日本の早朝、つまりアメリカの夕方に話しましょう。番号は・・・」

で翌朝、7時前に事務所に到着し準備したのですが連絡なし。
こちらから社内チャットで呼びかけても反応なし。

jyugem 「あれ?休憩でもしてるのかなぁ~
     それにしてもこの人なんて名前だろ ス~レッ~シュ あ、スレッシュか。

     そーいや、ヒーローズにスレッシュ博士っていたな~
     男前のインド人・・・

        男前の・・・ インド人。

  

      インド人!?」

さっそくデーターベースで彼の電話番号を検索すると国番号が「91」

   インドやん。 朝くる必要なかったやん。



で夕方ようやく話すことができました。

インド人 「・・・なるほどね。わかったよ。
     じゃぁイタリア人にソフトの名前聞いてよ。日本人にインストールさせるから。」

jyugem 「・・・」


     グローバル たらい回しも グローバル
                                    
                     
- jyugem 心の俳句 -