Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

わんぱくでもいい

少女時代もいいけれど遠藤時代もすてがたい。jyugemです。

先日から女性の台湾人エンジニアと仕事をしています。
ヨーロッパ人にくらべると、アジア人は考え方もわりと似ており、
空気も読むので一緒に仕事をしていてやりやすいです。

また手間もかからない。

ヨーロッパ人はやれホテルは大きくないとダメだ!とか
食事は西洋風にしてくれ!とか
ホテルまで送り迎えしろ!とか・・・

過去のブログを見ていただければわかりますが、
ワガママで、まぁ~うるさい。

その点アジア人は
ホテルは好きなように手配するし、
なんでも食べるし(なまもの以外)、
送り迎えを申し出ても「あ、大丈夫。自分でできるから。」と断ります。

今回のエンジニア クリスも・・・

jyugem 「明日、また迎えにいくから。」
クリス 「大丈夫。もう行き方おぼえたから。明日から最寄駅まで1人でいくから。」
jyugem 「じゃあ、8:45分にA駅集合で。」

電車の乗り換え移動があるにも関わらず、2日目にして送迎を断りました。
なんとたくましい!

で翌朝・・・

jyugem 「Neoさん、おはようございます!!あれ、クリスは?」
Neo(同僚) 「まだなんですよねー あいつ携帯も持ってないし・・・」
jyugem 「じゃぁ、ちょっと駅を見てきますよ。」

さすがに今回ばかりは厳しかったよーです。
降りてくる客に逆らって歩いていくと、ベンチで寝てる人なんかがいてたりして・・・

jyugem 「平日の朝から寝てるなんて、よっぱらいやん。
       いややなぁ~って・・・

       クリスやないかい!!」


jyugem 「おい、クリス!!」
クリス 「あっ、jyugem おはよ。」
jyugem 「おまえ、何してんの?」


クリス 「ねて待ってた。」


あんた、たくましすぎですから。。。