Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

ジャパニーズ

シャンプーはパンテーン使ってます。jyugemです。

今回は中国人5人、シンガポール人1人、日本人2人でトレーニングを受けてます。
先生も中国人。そんなトレーニングでの話。

先生 「では、いま説明した機械の調整を1人づつやってください。」

初めての機械をあつかうのですが、普段から機械仕事をしてるので
トレーニングとはいえ、みんな手慣れたものです。

中国人のローさんが機械調整してるのをみたNeo(同僚:日本人)さん・・・

Neo 「ローさん、うまいですね~」
jyugem 「そーすか?Neoさんだってうまいじゃないですか。」

Neo 「いや、あれは相当速い。かなり経験ありそうですね。」
jyugem 「そーゆー風に見えるだけですよ。
     Neoさんもみんなからそー見られてますよ。それに・・・


  あれなら俺の方が絶対速い。


Neo 「え、ほんと!?あれ、相当速いよ。」
jyugem 「日本人の凄さを見せつけてやりますわ。まぁ見ててください・・・


  世界を嫉妬させますから。


で、僕の番が回ってきて調整を終えました。
生徒の中で最も
速いし、しかもハイクオリティー。


jyugem 「Neoさん、見た!?」
Neo 「ええ見ました。確かに速いし正確だけど・・・


     みんな見てなかったですよ。」


jyugem がーーーん。



先生はいないし、みんなだべってるし、パソコンしたり、携帯かけたりしてる奴まで・・・


日本が世界を見てるほど、世界は日本を見てないんだね。

jyugem、アウェーで頑張ってます。