Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

jyugemです。

つけ麺の美味しさがわからない男。jyugemです。

会社から所属部署が表彰されたとゆーことで、きょうは飲み会でした。

うちの部署のメンバーは出張が多いので今日集まるメンバーとはほとんど
あけおめ状態です。また初めて会うマネージャーもいることからおのおの
自己紹介をすることになりました。

みんなシンプルに名前と所属を紹介する中、僕はツカミもかねてブログと同じように


「好きなアイドルは少女時代。OOです。所属は・・・」


いちおう受けたのですが、とあるマネージャーから・・・


「おまえ誰派なの?」


えーーー!そんな10も年上の人にツッコまれるとは思いませんでした。


jyugem「あ、えーと・・・ティファニーですかね。」 
マネージャー 「そーかー 俺はソヒョンなんだよねー」

なんかえらく残念そうです。まぁとにかく終わったと思って座ろうとしたら

マネージャー 「じゃぁKARAやったら誰?」
いや、俺KARA詳しく知らんし・・・

jyugem 「いやーすんません。KARAはしらないんですよね~」

マネージャー 「じゃぁスマイレージは?」
jyugem 「ス、スマイレージってなんすか?」
マネージャー 「ハロプロだよ~知らないの~??」


な、なんで仕事でもないのにこんな追いつめられなあかんねん。
パワハラかっ!!

良かれと思ってやったことが完全に裏目にでてしまいました


マネージャー 「あ、そうだ。いいもの見せてやるよ。」
そーいってカバンから取り出したのは少女時代のクリアファイルでした。

マネージャー 「いいだろ~ 客先に営業に行ったときにさー このファイルから資料を出すと
        お客が盛り上がって会話が広がるんだよねー 」

jyugem 「へぇ~、それいいアイデアじゃないですか。」

マネージャー 「だろー はっはっはー!!」


マネージャーそのファイルは話題作りとして、とてもいいアイデアだと思います。
だけど1つだけいわして下さい・・


あんた営業のマネージャーとちゃうやん!! 


[最近読んだ本]
 ・吾輩は猫である 
 ・水滸伝1