Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

成績表

4とったら負けだとおもう。jyugemです。

断捨離してるときに大学時代の成績表がでてきました。

jyugem 「hero(息子8才)、お父さんの成績表みしたるわ。」
hero 「これなに?」

jyugem 「ここの数字が成績やねん。5が『たいへんよくできました。』
       4が『よくできました』、3が『できました』、2と1がアウトやな。」

hero 「えっ!!1~3しかないやん!!」

jyugem 「3が何個かあれば大学卒業できるしな。
       なんせ週1回しか学校いってへんかったらな。」 (ドヤ)

hero あかんやん!ちゃんと学校いき!!
     heroなんかな全部『大変よくできました』やで。」

jyugem 「そやな。heroは全部『大変よくできました』やな。 だが・・・


     お父さんは違う!!

     お父さんは最少のがんばりで、最大のお得をねらうタイプやねん。」

hero 「はぁ~(ため息) あんな、そんな考え方やったらロクなことがないで。
     ちゃんとしなさい!!」

そー言い残して去っていきました。


どっちが親かわからんな。