Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

jyugem 会津へいく 第1話

幕末にかぶれてます。jyugemです。

出張中に休日があったので会津若松にいってきました。
会津若松は高校の修学旅行で1度行ったのですが全く覚えてません。

まぁ、高校時代なんかにつれてこられても価値わからんわ。

とゆーわけでちゃんと八重の桜で予習してからの旅です。

まずはコテコテですが会津武家屋敷


ここでは武家屋敷の説明や幕末会津の歴史がざっくり学べます。
まさに教科書的なポジションでお土産も豊富。


そんな武家屋敷の奥にあるお墓。
新撰組と反目してたエリート集団京都見廻組 与頭 佐々木只三郎
坂本龍馬暗殺も彼のチームの仕業との説もあります。


そして武家屋敷近くには松平家墓所。クマ出没注意の看板がビビらせます。


20分くらい歩いて悲劇の会津藩主松平容保のお墓です。
八重の桜みてたら容保は朝廷と徳川慶喜のパワハラ、忠誠の家訓の中で
身を粉にして部下たちと働いてます。
いまでゆーとこのブラック企業でかわいそうですわ。

ちなみに奥にみえるお墓には照姫のお墓です。


そして天寧寺には新撰組組長近藤勇のお墓
土方歳三が遺髪を埋葬したらしいです。


昼食はソースかつ丼が売りのしおえで食事です。
前日のぴったんこカンカンで綾瀬はるかが紹介してたのでめっちゃ混んでました。
まぁそーゆー僕もテレビみてきたのですが・・・


ソースかつ丼です。かつが1段でのりきれず一部2段になってます。
肉厚でめっちゃおいしいこれで900円。


昼食後は会津城へいくと女の子たちがなぎなたの練習をやってました。
なぎなたってリーチも長ながく、刀身の動きも速いのでおもった以上に
強そうでびっくりしました。ちょっとナメてたな。


鶴ヶ城です。おちついたいい感じのお城でした。


茶室の麟閣。
千利休の子小庵が建てたそうです。
この小庵の子が表千家、裏千家、武者小路になったんだそうで知らんかった...


茶室です。紅葉の季節とかすごい綺麗なんだろうなぁ。


そしてお城から少しでたところに秋月悌次郎の詩碑です。


とゆーわけで1日目は終了。2日目へ続きます。


...= To be continued =>

アサヒ ウィルキンソン タンサン 500ml×24本
アサヒ飲料
アサヒ飲料