Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

ペナンタイム

いま1番食べたいものは「粒あん」。 jyugemです。

みんなと屋台で朝食を食べていたときの出来事です。
ちょっと濱田岳に似た中国人ガク(仮名)に料理が運ばれてきたのですが…




ガク 「あ~ 卵が入ってる!」
おばちゃん 「あれ?違った?」

ガク 「卵ぬきのちょっと辛めを頼んだじゃ~ん」
おばちゃん 「あ、じゃあ作り直すね」

と言っておばちゃんが戻っていきました。

そして10分後、おばちゃんがまたやってきました。

おばちゃん 「あんたの注文、卵ぬきの…ええっとなんだっけ?」
ガク 「ちょっと辛め」
おばちゃん 「あ~そうそう、そうだったわねぇ」

jyugem 「えっ!?ガク、まだ来てないの?」
ガク 「おばちゃん忙しいからね~」

いやいやいや、どーみても忙しそうじゃないでしょ~

10分後、ようやくガクの料理がきました。
おばちゃん 「お待たせ~」

ガク 「だから卵いらないって言ってるじゃんっ!!」

ペナン島、時間(とき)がゆっくり流れてます。。。