Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

トラベルとトラブル

パクチーなんて大嫌い。jyugemです。


※本記事とはあまり関係ないですがマラッカの夕日です。世界三大夕日のひとつらしいです。では記事をどうぞ↓)

仕事をしているとボスから電話がありました。
ボス「あさってからマレーシアへ行ってプロジェクトに合流してくれ。詳細は先行して現地入りしているウィルソンとコンタクトを取ってくれ。検討をいのる」

ほんと雑な指令です。まぁ「当局は一切関知しないからそのつもりで」と言われないだけまだマシかな。

で、そのウィルソンから出発前日の夜にホテルとお迎えハイヤーのメール連絡がありました。

「OOホテルを予約した。クアラルンプール空港でハイヤーの運転手がjyugemの名前カードをもって待っているから声をかけろ」て
な感じで出発した年末の出張ですがマレーシアのクアラルンプール空港に着いてみると・・・



ハイヤーいねーじゃねーかよっ!!

探してみたのですが僕の名前のボードを持った人はいませんでした。ホテルに電話してみると(こんなこともあろーかと真っ先に現地シムを購入してました)

ホテル「本日、あなたへの送迎のご依頼は承っておりません」


おいおいおいおいおいおいおいおい

どーなってんだよウィルソン!・・・って電話してもでねーし

まぁそーゆーわけで空港で自分で手配したハイヤーでホテルへ向けて出発しました。昔はトラブルごとにわーわー言ってたのに最近は対処できるようになって、ネタ的にはちょっとおいしくなくなった感もあります
(笑)

昔は旅が困難だったことからトラベルの語源はトラブル
だなんて話を聞いたなぁ~とか考えてたら・・・

運転手「ハイ、お客さん着きましたよ。シェラトンホテル」



シェラトンホテルじゃねーわっ!!

ほんとトラブルがとどまるところを知らない...