Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

紙一重

歳の数だけ豆を食べるのが面倒になってきた41才。jyugemです。

バナナをみてちょっと思い出したドイツ出張中の話です。

研究開発部の前を通りかかったとき

「よぅ、jyugem!」

パッケージ(包装)工学技術のスペシャリストであるDr.トーマス(仮名:天才ドイツ人)がバナナを持ちながら話しかけてきました。

jyugem「あ、トーマス。なんでバナナ持ってるの?」

トーマス「バナナって究極だよね~」

jyugem「はぁ?他にもフルーツあるよ」

トーマス「いや、そーじゃなくてパッケージングだよ。バナナって個別包装で1個単位で好きな数に分けれるでしょ。そして汚れや水から完全密封で中身を守ってる」

jyugem「まぁ、そうだな」

トーマス「そしてホラ。開封するのに道具不要で・・・んぐ 食べる部分と持つ部分が調整できて手が汚れず・・・んぐ 食べ終わった包装(皮)は自然にかえる・・・ぽぃ なんて素晴らしく完璧なパッケージング!!」


・・・ってバナナ食べたかっただけだろーがよっ!!

天才の思考回路はわかりません。ほんと紙一重だな。


【最近読んだ本】
 ・光圀伝 中 (6)