Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

Wの喜劇

第2外国語のドイツ語を全部落とした男。Jyugemです。

先日、ネットで「英語の発音と綴りの相違」に関する記事を読んでなるほどなーと思ったのですが、それがらみの話をひとつ。


ドイツで仕事していた時のことです。

クリストフ「Jyugem、V6の図面ちょうだい」

Jyugem 「うーん、ないよV6」

クリストフ「おいおいおいおい、あるだろここにっ!」

Jyugem「それW6だよ」

クリストフ「あ、悪い。ドイツ語ではWがヴィでVがファオなんだよ

Jyugem「なるほど。だからフォルクス・ヴァーゲン(Volks・Wagen)なのか」

クリストフ「そう!まさにそれ!」

おなじアルファベットでも言語によって結構発音が違うようです。

クリストフ「でもWって文字はさー Vが2個連なったもんだろ?」

Jyugem 「まぁーそうだね」

クリストフ「でもさー英語発音はダブル・ユー(U)なんだよねー」

Jyugem 「あ、確かに」

クリストフ「なんでダブル・ヴィー(V)じゃねーんだよっ!」

Jyugem「しらんがなっ!」


ホワイ アメリカンピーポー!

なかなか言葉の歴史も興味深いですね。以ー上!