Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

他文化理解

エスプレッソ・マキアート好きです。Jyugemです。

アブドル(ドイツ在住、国籍不明)とウィルソン(シンガポール人)とコーヒーを飲んでいた時の会話です。

アブドル「うちにはエスプレッソメーカーあるよ。3000ユーロの超いいやつ」


Jyugem「はぁ?300ユーロじゃなくて?」

アブドル「3000ユーロ(36万円)」

Jyugem「おいおいおいおいおいおい、それだけあったらカフェに行けば1000杯は飲めるぞ」

アブドル「朝と夕方に夫婦で美味しい1杯を飲むんだよっ!」

Jyugem「カフェに行けばメンテナンスフリーだぞ。それにそもそもほとんど出張で家にいないでしょ〜」

アブドル「あのな、友達が大勢来た時にコーヒー振る舞えるだろっ!」

Jyugem「そんなの俺だって友達連れてカフェ行くわ〜」

ウィルソン「おいJyugem、あんまりゆーなよ」

Jyugem「いやだってさ〜 おかしいでしょ〜」

ウィルソン「俺もそう思うよ。でもなそれが文化なんだよ。お前らだって10万以上する炊飯器買うだろ。それと同じだよ」

Jyugem「ぐぬぬぬ…」

さすが多民族国家、他文化理解への意識が高いです。