Jyugem laboratory

人生は壮大な実験場

便座

仕事納めました。Jyugemです。

 

「あなたがJyugem? 私はリリーです」

 

ドイツの資材部へ行ったときの話です。仕事上、資材部との絡みもよくあるので挨拶へ行きました。

 

そこで声をかけてきたのが新人のリリー。

 

Jyugem 「あーリリーさん、はじめまして。メールでは色々やりとりしてるよね」

 

リリー 「日本関連のメールは全てあなたにCCでいいのかしら?…」

 

なんて仕事の会話があって次の質問が

 

リリー 「ところで日本の便座があったかいってホント?」

 

Jyugem 「えっ、すいません。えーといまトイレの話?」

 

リリー 「そう」

 

初対面の女性とトイレトークするのは初めてです。

 

リリー 「みんなが日本の便座があったかいってゆーんだけど信じられないの。私騙されてるのかなって。あなたは日本のエキスパートだから聞いてみたのよ」

 

周囲のドイツ人、笑いこらえてます。

 

てめーらちゃんと教えろよっ!😆

 

Jyugem 「まぁエキスパート的にはそれであってます。スプレーも温風もあるし、ふたの開閉も自動ですよ」

 

リリー 「え、そーなの!?」

 

と驚愕の顔。すでに周囲何名かは吹き出してます。

 

だからちゃんと教えとけよっ!😆

 

どこの国にも天然っているんやね😄